洗濯物の生乾きのニオイを無くすために、洗剤をかえたり、洗剤の量を増やしたりしていませんか?もしくは、洗濯槽を掃除したら嫌なニオイが消えると思っていませんか?

私も同じ悩みを持っていて、同じことをしていました。

部屋干ししても臭わないと謳っている洗剤があれば買っては試していました。柔軟剤の香りで誤魔化そうとしたときもありました。また、洗濯槽も小まめに掃除していました。

それでも、部屋干しすると嫌なニオイがします。そこで、いろいろ調べてみて意外なことが原因であることがわかりました。

洗濯物のニオイの原因はこれ

洗濯槽を定期的に掃除することも大事ですが、実はそれよりも洗濯の仕方の方が大事でした。

洗濯物のニオイが気になるという方の特徴は以下の通りです。

  • 洗濯機に衣類を詰め込み過ぎ
  • すすぎが1回
  • 柔軟剤の入れすぎ

私もみごとに当てはまっていました。

最近の洗濯機は節水仕様になっているため、水の量が足りないようです。水の量が足りないと洗剤や汚れが衣類に残ってしまい、洗い終わった後に雑菌が繁殖して生乾きの嫌なニオイが出てしまいます。

それだけではなく、ニオイを隠そうとして柔軟剤を必要以上に使ってしまうと、洗濯機も汚れてさらに悪化してしまいます。

なので、まずは水の量を増やしましょう。そして、洗濯する衣類の量を少し減らしましょう。

縦型洗濯機の場合、水の量は洗濯機が自動的に測ってくれますが、水量が少なくて上の方が水に濡れないまま洗っていることがよくあります。洗濯機の示した水量よりも1段階~2段階多い水量に設定するようにしましょう。

また、すすぎ1回と洗剤に書いてあっても、最低2回すすぐようにすると生乾きの嫌なニオイからおさらば出来ます。

まとめ

洗濯物の生乾きの嫌なニオイは、水の量を増やして、洗濯機に詰め込む洗濯物の量を減らせば解決します。

ちなみに、雑菌は熱に弱いので乾燥機をかけるとニオイはしなくなります。乾燥機がない場合は、洗濯する前に衣類に熱湯をかけるのも効果的です。

最近は熱湯で洗うタイプの洗濯機もあるので、こちらも検討してみる価値はありますね。



30代サラリーマンランキング
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ
にほんブログ村