2021年の銀行両替手数料一覧|最安値はここ

キャッシュレス化の促進に伴って2021年から銀行の両替手数料が上がります。

これまでは三井住友銀行が500枚まで無料だったのが、2021年から有料になってしまいます。

そこで、両替手数料が一番安い銀行はどこなのか調べてみました。

以下がメガバンクの両替手数料一覧です。

メガバンクでの両替はどこも無料で出来るのは10枚までと、お店をされている方にとっては実用的ではありません。

500枚の両替は両替機を使えば、りそな銀行と三菱東京UFJ銀行がともに300円と最安値です。

安いとはいえ毎回の両替にこれだけの費用がかかってしまうと、なかなかの出費になりそうです。

この際、キャッシュレスを導入してみてはいかがでしょうか?

Airペイなら、iPadまたはiPhoneと専用のカードリーダー1台で、主要クレジットカード決済、交通系電子マネーのほか「iD」「QUICPay」の決済に対応しています。

PayPayやauPAYなどのQRコード決済にも対応可能なので、お客様のニーズに合わせた決済サービスが可能となり、それによって両替の頻度を減らすことが出来ます。

手数料は引かれますが、政府がキャッシュレス化を推進する以上、いつまでも現金のみの対応で運営していくわけにはいかなくなってきます。

銀行の手数料は今後更に上がることでしょうし、両替枚数の制限も加わるでしょう。

→テレビCMでお馴染みのAirペイを詳しく見る

ちなみに、まだ地方銀行は無料で50枚まで両替出来るところがあるので、少しでも両替手数料を抑えたいのであれば探してみることをおすすめします。

Googleマップで近くの銀行をピックアップして、表示された銀行を検索して、ホームページで両替手数料を調べて、どこの銀行が両替手数料最安値なのか比較する。手間はかかりますが、これが一番経費を抑えられます。


30代サラリーマンランキング
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ
にほんブログ村