首から下げる除菌用品にコロナ予防の効果なし

コロナを警戒して、首から除菌用品を携帯している人を街で多く見かけるのですが、あれは効果がないみたいです。

消費者庁は、携帯型の空間除菌用品を販売している5社に対し、広告表示が景品表示法違反(優良誤認)にあたる恐れがあるとして、やめるように行政指導しています。

首から下げる空間除菌の仕組み

首から下げる携帯型空間除菌用品は、二酸化塩素を利用して空間を除菌する仕組みで、「身につけるだけで空間のウイルスを除去」を謳い文句にして、オフィスや通勤の電車内など様々な利用環境で周囲のウイルスを除去できる効果があるかのような表示をしていました。

しかし、その根拠となる実験結果は1立方メートルの密閉空間で行われたもので、実際の生活空間では、ほぼ無意味なようです。

次亜塩素酸水噴霧はコロナへの効果なし

また、次亜塩素酸水を噴霧する機器を飲食店や美容院に置くようにすすめる訪問販売や通信販売がありますが、これはさらに注意が必要です。

居酒屋チェーンでも、入店前に次亜塩素酸水を浴びる装置をくぐることを求められるようですが、空気中に噴霧された次亜塩素酸水を吸い込んでしまったり、目に入ったりすると健康被害が出る恐れがあります。

経済産業省も「次亜塩素酸水」の空間噴霧について

・現時点において、「次亜塩素酸水」の新型コロナウイルスへの有効性は確認されていない

・消毒剤を人体に噴霧することは、いかなる状況であっても推奨されない。これは、肉体的にも精神的にも有害である可能性があり、感染者の飛沫や接触によるウイルス感染力を低下させることにはならない(WHO)

・消毒剤噴霧は、空気や表面の除染のためには不十分な方法であり、一般衛生管理には推奨されない(CDC)

・人がいる状態で空間・空気に対して消毒を行うべきではない(中国国家衛生健康委員会)

・消毒液噴霧による人体への安全性については、確立された評価方法が存在していない

と、次亜塩素酸水を噴霧するのは効果も不明で、有害な可能性があるため推奨していません。

次亜塩素酸水噴霧による健康被害

次亜塩素酸水の噴霧による健康被害と思われる報告があがっています。

・職場ではコロナ関連で、次亜塩素酸を噴霧している。目が痛く、腫れてきたのに、商品には健 康被害の注意書きがない。

・コロナウイルス対策で加湿器に別売りで作成した次亜塩素酸水を使用し噴霧したことにより呼吸困難になりそうになった。

周りがやっているからと闇雲に便乗するのではなく、一人一人がしっかりと情報を精査して騙されることなく、適切なコロナ対策を行っていく必要があります。


30代サラリーマンランキング
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ
にほんブログ村