特別定額給付金10万円申請方法をわかりやすく解説

新型コロナウイルスの影響で収入が減った家庭への経済支援対策として国民1人に一律10万円を支給する特別定額給付金ですが、申請・給付時期は自治体によっては遅いところもあり、全ての人が今すぐに受け取れるというわけではないようです。

自治体によっては5月1日からオンライン申請を受け付けているところや、すでに手渡しで10万円を給付しているところもありますが、人口が多い自治体ほど申請・給付が遅くなりそうです。

とはいえ、申請しなければ貰えるものも貰えないので、特別定額給付金をもらうための要件や、オンライン申請と郵送申請の方法と必要なもの、給付時期などの詳細をまとめました。

特別定額給付金の対象者と申請先

10万円給付の対象者は、令和2年4月27日に住民基本台帳に登録されている者で、住民票を置いている市区町村に申請します。

世帯主の銀行口座に家族全員分が振り込まれることになります。大学生など一人暮らしで住民票を移していない場合は親が世帯主にあたるので親の銀行口座に振り込まれることになり、申請も親がすることになります。

特別定額給付金の申請方法

特別定額給付金をもらうには、オンラインもしくは郵送で申請します。

オンラインでの申請方法

オンライン申請は、マイナンバーカードとマイナンバーカードを読み取れる端末が必要です。

・マイナンバーカード(受取時に設定した暗証番号が必要)

・マイナンバーカードを読み取れることができるスマートフォンもしくはパソコンとICカードリーダー

・マイナポータル(パソコンの場合対応ブラウザ、スマートフォンの場合アプリのダウンロードが必要)

・振込先金融機関口座確認書類(金融機関名、口座番号、口座名義人が分かる通帳やキャッシュカード、インターネットバンキングの画面など)

マイナンバーカードが読み取れるスマートフォンの一例

【iOS】

iOS 13.1以上がインストールされたiPhone 7以降のiPhone

【Android】

・AQUOS

・arrows

・らくらくスマートフォン

・Xperia

・Galaxy

・Android One

・Google Pixel

マイナポータルから申請します。

マイナポータル

ログインしたら申請はこちらをクリックして「ぴったりサービス」に移行します。

次に、お住まいの地域を検索します。

「特別定額給付金」を選択して「この条件で探す」をクリックします。

最後に個人情報を入力し、通帳やキャッシュカードの画像をアップロード、スマートフォンもしくはパソコンとICカードリーダーで電子署名して送信すれば完了です。

ちなみに、私の地域ではまだ申請できないため画像は途中までとなっています。

郵送での申請方法

マイナンバーカードを持っていない場合は、世帯主宛に申請書が届くのを待つ必要があります。

・申請書

・マイナンバーカードもしくは運転免許証等のコピーなど本人確認書類

・振込先口座確認書類(金融機関名、口座番号、口座名義人が分かる通帳やキャッシュカード、インターネットバンキングの画面など)

申請書が届いたら必要事項を記載し、振込口座確認書類、本人確認書類と一緒に住民票所在の自治体へ郵送すれば申請完了です。

オンライン申請がおすすめ

郵送の場合、まず各自治体から世帯主宛に申請書が届くのを待つ必要があり、申請が遅くなってしまうため、オンライン申請がおすすめです。

ただし、マイナンバーカードがないとオンラインでは申請できませんので、郵送になってしまいます。

その場合、申請書が届き次第すぐに申請できるよう、必要事項の確認や、本人確認書類・振込口座の確認書類などをあらかじめ準備しておくといいでしょう。

また、諸事情でオンラインでも郵送でも申請できない場合は、窓口での申請することも可能なようですが、まずは各自治体の特別定額給付金の窓口に電話相談しましょう。

申請の受付期限及び給付時期

申請の受付期限は、全国一律で決まっているのではなく、各自治体における郵送申請方式の受付開始日から3ヶ月以内となっています。確実に受け取るためにもお住まいの自治体のホームページを確認しておくといいでしょう。

給付時期についても自治体により異なりますが、基本的には1週間以上はかかると思います。

私が住んでいる大阪では6月上旬給付予定と発表がありました。今すぐにでも10万円が必要な方に先に渡したいという意向から松井市長は生活に余裕のある方は申請を遅らせて欲しいと言っていましたが、多くの人が我先にと申請するんでしょうね。

私は落ち着いてから期限内に申請しようと思いますw

まとめ

マイナンバーカードをお持ちの方は各自治体が申請受付を開始すればすぐにネットで申請可能です。

マイナンバーカードをお持ちでない方は申請書が世帯主宛に郵送されるのを待ち、届いた申請書に必要事項を記入して免許証コピーと口座確認書類と一緒に郵送する必要があります。

ただし、自治体によっては給付時期が遅くなるところもあります。

今すぐにでも10万円を必要としている人に先に届けることが望ましいので、生活に余裕がある人は申請時期を遅らせてあげると助かる人がいるということをお忘れなく。

そうは言っても申請期限があるので期限には注意しましょう。


30代サラリーマンランキング
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ
にほんブログ村