給付金10万円の申請方法と受け取り方【コロナ】

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、政府は国民1人に10万円を給付する方針を発表しました。

以前の減収世帯へ30万円を給付するという方針を取り下げて、全国民に一律10万円給付を行うようです。

というのも、以前の30万円給付は条件が厳しく、支給対象の世帯が全世帯の約2割と受給世帯が少ないことから、野党だけでなく、与党内からも「不十分だ」「制度が分かりづらい」と批判が上がっていました。

それを踏まえて、今回の10万円給付は所得制限を設けず、5月中の給付開始を目指すとのことです。

10万円給付対象と申請期間

総務省によると、給付は国籍を問わず、4月27日時点の住民基本台帳に記載されているすべての人が対象になるということで、国内に住む日本人はもちろん、3ヶ月を超える在留資格などを持ち住民票を届け出ている外国人も対象となります。

そして、ホームレスなど住民票の登録がなくなっていても4月27日時点で国内に住んでいれば、28日以降であっても住民票の登録を行うことで対象となるようです。

申請の受け付け開始日および、支給開始日は各市区町村が決めることになっていて、申請期限は受け付け開始から3ヶ月以内となっています。

ちなみに、4月28日以降に生まれた子どもは対象になりませんが、28日以降に亡くなった人は対象となります。

給付金10万円申請方法

申請方法は、住民票がある市区町村から送られてくる申請書に世帯主が本人名義の金融機関の口座番号などを記入し、口座を確認できる書類(通帳やキャッシュカード)と本人確認の書類(運転免許証やマイナンバーカードなど)のコピーを一緒に返送すれば、家族分の給付金がまとめて振り込まれる仕組みになるようです。

マイナンバーカードを持っている人は、ネットでの申請も可能ということで、マイナンバー制度の専用サイト「マイナポータル」で申請を行うようです。

スマートフォンのアプリやカードリーダーなどでマイナンバーカードの情報を読み取って、ログインした後、口座情報などを入力。そして、口座を確認出来る書類の写真をアップロードすれば申請が完了。

10万円給付特殊な事例

家族の中で給付金の受け取りを辞退する人がいる場合は、申請書の記載欄に記入すれば、その人の分は支給されないようです。

ちなみに、家族全員が支給を辞退する場合は、申請書を返送しなければいいようです。

また、病気など世帯主本人が対応出来ない場合は代理人が申請・受給することも出来ます。

口座がない人や、金融機関から遠く離れている場所に住んでいる人は、自治体の窓口に申請書を直接提出し、後日、給付金を受け取ることも出来るようです。

まとめ

外国人含め、日本に住んでいるほとんどの方が一律10万円を受給出来るようです。

市区町村から送られてくる申請書に必要事項を記入して返送するだけです。また、マイナンバーカードをお持ちの方はネット申請も出来ます。

詳細は総務省のホームページからご確認下さい。

→総務省ホームページ

専用のコールセンターで相談も受け付けています。

電話番号:03-5638-5855

受付時間:午前9時~午後6時半(土、日、祝日を除く)


30代サラリーマンランキング
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ
にほんブログ村