ワイルドスピード見るならこの順番がおすすめ

『ワイルド・スピード』シリーズは4作目以降タイトルに数字が使われていないのでタイトルだけでは順番がわかりません。

また、映画の公開された順番と時系列が違うので、公開順に見ていると途中でつじつまが合わなくなるところもあります。

そこで、ワイルド・スピードをわかりやすく観るならこれ!という順番をご紹介します。

ワイルド・スピードの公開順

ワイルド・スピードの公開順は以下の通りです。

ワイルド・スピード (2001)

ワイルド・スピードX2 (2003)

ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT (2006)

ワイルド・スピード MAX (2009)

ワイルド・スピード MEGA MAX (2011)

ワイルド・スピード EURO MISSION (2013)

ワイルド・スピード SKY MISSION (2015)

ワイルド・スピード ICE BREAK (2017)

ワイルド・スピード/スーパーコンボ (2019)

映画の公開はこの順番なのですが、この順番だと時系列がおかしいので、途中でつじつまが合わなくなります。

また、2019年に公開された最新作は本流のシリーズではなく、スピンオフなのでシリーズとの繋がりは薄れた内容になっています。時系列的には『ワイルド・スピード ICE BREAK』の後になります。

ワイルド・スピードの正しい時系列

ワイルド・スピードを時系列順に観るならこの順番です。

ワイルド・スピード (2001)

ワイルド・スピードX2 (2003)

ワイルド・スピード MAX (2009)

ワイルド・スピード MEGA MAX (2011)

ワイルド・スピード EURO MISSION (2013)

ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT (2006)

ワイルド・スピード SKY MISSION (2015)

ワイルド・スピード ICE BREAK (2017)

ワイルド・スピード/スーパーコンボ (2019)

3作目の『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』のみ時系列が入れ替わっています。

この『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』は、資金難で有名俳優を起用することができなかったため、主人公のポールウォーカーはじめ、主要キャラが出て来ないので不人気作となっています。

ワイルド・スピード時系列が違う理由

本来であれば、この『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』はスピンオフ的な位置付けで、本流のシリーズと切り離して見るのが一番わかりやすいのですが、監督のジャスティン・リンはこの不人気作を駄作としてとどめておく事はせず、3作目でいなくなったキャラを4作目に再び登場させました。

その結果、つじつま合わせを6作目ですることになりました。

まとめ

ワイルド・スピードシリーズは公開順に見ても十分楽しめますが、時系列順に見る方がわかりやすいので、一から見るなら時系列順に見るのがおすすめです。


30代サラリーマンランキング
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ
にほんブログ村