闇営業問題で7月20日宮迫博之さんと田村亮さんが謝罪会見を開きました。その中で、吉本興業の岡本昭彦社長のパワハラが話題になっています。

宮迫博之さんと田村亮さんの謝罪会見で、吉本興業の岡本社長からパワハラを受けたとありました。

謝罪会見で露見した岡本社長のパワハラ内容とは

宮迫さんは会見で以下の通り時系列で順序立てて説明しています。

6月24日に会社に全員集められ全員謹慎ですと告げられました。亮君が記者会見をやらせてください。全部僕たちの口で、金額、経緯を伝えさせてくださいと声を上げてくれました。ダメだと言われました。記者会見はさせるともりはないと断言されました。

亮君は辞めてでもぼくひとりでも会見をさせてくれと声を上げてくれました。その場にいた吉本興業の岡本社長は弁護士、社員に外に出るように指示しました。岡本社長と僕たち5人だけになり、まず最初に岡本社長からおまえらテープまわしてないやろうなと言われました。僕はまわしていません。そんなことするわけありません。というと社長は「亮、ええよ。お前辞めて一人で会見したら。やってもええけど、ほんなら全員連帯責任でクビにするからな。それでもええんなら記者会見やれ。おまえら全員クビにする力があるんや。」全員何も言えなくなりました。

この会見の内容が事実であれば吉本興業岡本社長のパワハラは酷いですね。

岡本社長プロフィール

・岡本 昭彦(おかもと あきひこ)

・1966年生まれ

・吉本興業株式会社代表取締役社長

・1991年天理大学外国語学部インドネシア学科卒業後吉本興業に入社

1993年ダウンタウンのマネージャーを務める。以後、今田耕司さん、東野幸治さん、木村祐一さんなどのマネージャーも務めあげ、吉本興業の東京制作部でチーフプロデューサー及び株式会社アール・アンド・シーの取締役、吉本興業代表取締役副社長、共同代表取締役社長COOの就任を経て、現在、吉本興業代表取締役社長、YDクリエイション代表取締役社長を務めるに至る。

推定年収は億を超えると言われており、ネット上では推定年収7億とも言われています。

吉本興業は本当にブラック企業なのか?

今回の謝罪会見を受けて、ツイッターでは岡本社長のパワハラに対して、否定的な意見が多数つぶやかれています。

https://twitter.com/qooriku7633/status/1152569906958749697

宮迫さんの謝罪会見を見る限りでは、吉本興業は社長のパワハラがひどいブラック企業に見えます。ただ、吉本興業側の意見を聞かずに吉本興業だけが悪いと決めつけるのもそれはそれで問題ですので、岡本社長が会見を開くまではおとなしく見守るのがいいと思います。


30代サラリーマンランキング
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ
にほんブログ村