京アニ放火犯の動機は?数年前から殺人予告が届いていた!

京都アニメーションの第1スタジオでガソリンをまいて放火した男(41)の動機とは?

火災現場の近くに住む女性は、自宅のインターホンがなったので出ると、歩道に男が仰向けで倒れてと言います。

両腕は火傷で皮がめくれて、右足からはまだ炎が出ている状態で、女性が声をかけても返事はなかったそうです。火災の被害者だと思った女性は水をかけて火を消したと言います。

そして、救急車を待っていると警察官がきて男を囲んで「どうしてこんなことをした?」「どこから入った?」と問い詰めたと言います。

その際に聞こえてきたのは男の「パクりやがって!」という一言でした。

犯人の所持品のリュックには刃物が複数入っていたことからも京都アニメーションに何かしらの恨みを抱いていたとみられます。

京都アニメーションに届けられた殺人予告

京都アニメーションの八田英明社長によると、数年前から会社宛てに殺人予告が届いていたとのことで、以前から何かしら恨みを買っていたようです。

今回の犯人との関連は不明ですが、その可能性も捨て切れません。一刻も早く取り調べをして動機などを詳しく聞きたいところですが、犯人も火傷を負っており、治療のため今日中に取り調べを行うことは出来ないそうです。

また、当初は犯人の命に別状はないとされていましたが、火傷の範囲が広く容態が急変するおそれもあるとのことです。このまま容疑者死亡となってしまえば真相は闇のままとなります。

京都アニメーション火災でここまで犠牲者が増えた理由

京アニ火災で亡くなられた方は現在で16人、未だに心肺停止の方が10人以上と今後も死者が増えるとみられます。

今回、ここまで大惨事になった理由は、ガソリンの燃焼力にあります。ガソリンには想像もつかないほどの爆発力があります。

コップ1杯のガソリンでも大きな爆発音と、火柱が吹き上がるほどの威力があります。ガソリンをフロアにまけばガソリンは瞬時に気化して、そこに火を着ければ一瞬にして引火します。

しかも、犯人は40リットルのガソリンをまいたと言われています。これだけの量のガソリンを1階でまいて火をつければ、1階は逃げる間もなく火の海になったと思われます。

そのため、このように多くの犠牲者が出ています。


30代サラリーマンランキング
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ
にほんブログ村