バンクシーの防刃ベストがカッコいい!でも何故ストームジーが?

謎の覆面アーティスト・バンクシーが防刃ベストをデザインしました。

これだけではそこまで話題性に欠けるのですが、なんとこれをイギリス出身の黒人ソロラッパー・ストームジーが着用しており、しかもその舞台がイギリスの野外ロックフェス「グラストンベリー・フェスティバル」というから面白い!

ストームジーの故郷であるロンドンなどの都市で、ナイフによる犯罪が増加していることを訴えるなど、黒人の若者が直面している不平等を強調する政治的なメッセージが込められているようです。

グラストンベリー・フェスティバルでヘッドライナーを務めたストームジーのパフォーマンスは、ファンだけでなく他のアーティストらからも評価を受けるほど素晴らしく、同じイギリス出身でグラミー賞を15回受賞したことのあるアデルは「アルバムを1枚しか出していないストームジーが、グラストンベリーでヘッドライナーを務めた」と称賛しています。

ストームジーが謝罪した内容とは?

そんな素晴らしいパフォーマンスを見せたストームジーですが、実は以前に同性愛嫌悪の言葉を含むツイートをして謝罪しています。

すでに削除されている一連のツイートには「BBC1のあの黒人少年、あいつおかま野郎だな」と呟いていました。また、ドラマに出てくるカップルについて「おいサイードがクリスチャンの腕に飛び込んでやがるぞ。このおかま野郎」などと同性愛嫌悪のツイートも・・・

しかし、有名ユーチューバーらがSNS上での同様の不適切発言をしたことで炎上しており、それを受けてストームジーも謝罪しています。

「俺は何年か前、若年でまだ何も知らなかった頃、いくつかの間違った攻撃的な発言をしてしまった。成長し、大人の男となった今、それが人を深く傷つける差別的なものだと気づいた。俺がしたコメントは不快極まりない、最悪なものだ。以上。後悔しているよ。すまない。ああいった姿勢は過去のものさ。俺が恥ずかしくも使っていた同性愛差別の言葉は、昔まだ若かった頃のものなんだ。無知だったために、当時は彼らが抱える世間からの嫌悪や複雑な状況といったものを理解していなかったから、それらの言葉を使っていた。だけどこんなの言い訳にはならないよな。俺は自分が犯した過ちの責任を取るし、みんなには若い頃と今の俺は違うとわかって欲しい。もう一度、不快な思いをさせてしまった人達に謝罪する。LGBQTのみんな、そして俺のファンと友人に深く詫びさせてもらう」

なぜバンクシーがストームジーに防刃ベストをプレゼント?

これを見て疑問に思ったのがなぜバンクシーがストームジーに防刃ベストをプレゼントしたか?です。

バンクシーは環境破壊などの社会問題に対して政治的なメッセージを込めた作品を世に出しているアーティストです。そんなバンクシーがLGBT差別とも取れるツイートをしたストームジーに?と思いました。

内容的にそこまで酷い内容ではなく、謝罪もして反省いるからOKとしたのでしょうか?

少し疑問は残りますが・・・ベストはカッコいいです。普段着としては無理がありますがw


30代サラリーマンランキング
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ
にほんブログ村